海外

フィリピン留学が実体験により絶対おすすめな理由まとめ

・留学って結構お金かかるよね?
・留学したいけどオススメの国は?
・フィリピン留学って何が良いの?

こんな悩みを解決します。

留学と言えばカナダやイギリスなど欧米諸国をイメージすると思います。

留学には高額な費用がかるし、「まとまった時間も確保しなきゃなぁ、ほとんど英語話せないしなぁ…」ってハードルが高いと考えている人も多いでしょう。

それはこの記事で紹介するフィリピン留学がほぼ解決してくれます
欧米留学の半分以下の費用で、しかもリゾート地で最短1週間からの留学が可能なのはフィリピンだけです。

ましゅー
ましゅー
実際、僕自身が3ヵ月間フィリピン(セブ)留学をした経験があるので強くおすすめできます!そして現在は留学をきっかけに英語の世界が拓けて、憧れだった英語を日々使う仕事に就けています。

そんな明るい未来を切り開いてくれるフィリピン留学のメリットをまとめました。

この記事のオススメ読者

・フィリピン留学を検討している人
・資金が少ないけど海外留学してみたい人
・旅行も英語勉強も一緒にしたい人
・短期間で英語力を伸ばしたい人
今後本格的に欧米への留学を検討している人

それでは、さっそく確認していきましょう!

低価格

フィリピン留学の一番の魅力は何といってもその価格の安さです。フィリピンの物価は日本の約3分の1、人件費は約10分の1なので、日本人からすると格安で留学ができるのです。

フィリピン留学における1ヶ月にかかるおおよその費用は、授業料や生活費、食費、交際費、旅費などを全て合わせても15~25万円程度で収まります。安さ重視の地域や学校を選べば月に最大15万円ほどに抑えることも可能です。欧米に留学する場合、どんなに安くても月に30万円以上はかかってしまいますが、フィリピンなら実質半額程度で留学生活が送れます。

また、フィリピンへの飛行機代はLCCを使えば往復5万円前後です。航空券も安く、現地での生活費はほとんど日本の半額以下なので、大学生はアルバイトで貯めたお金でも留学ができるのです。

留学エージェントの紹介するほとんどの留学先では支払い費用の中に寮費や食費も含まれており、マンツーマンレッスンの時間も欧米留学に比べて格段に多いので、全てのジャンルで価格を抑えることができます。

留学の総合サイト紹介

この総合サイトでは32ヵ国、約4000校の中から比較検討できます。
フィリピンは200校近く掲載しているので、口コミなども含めて比較しやすいサイトです。

日本最大級の留学総合サイト【School With】

あわせて読みたい
本当に安いの!?フィリピンの物価は日本の○分の1だから手軽にリッチな気分が味わえる楽園 一言で「フィリピンは物価が安い」といっても、あまりパッとしないですよね。 何がどう安くて、日本人にとってどうメリットがある...

日本から近い

東京からセブまで直行便であれば約5時間半で行くことができます。また、日本との時差は+1時間なので時差ボケにならず、貴重な留学期間を1日たりとも無駄にせず充実させることができます。この近さがフィリピン留学が常に人気な理由の一つです。

 

 

短期留学にも向いている

片道約5時間半で行けるフィリピン留学は、時間や資金の限られた人にも支持されています。

旅行感覚で1週間ほど留学するのも良し、1~3か月の短期間でがっつり勉強したい人にも良し、自分が本当に英語に興味があるのか試してみたい人にも良し。低価格で1週間から気軽に短期留学ができ、同時に観光や買い物など様々なニーズを満たせるのがフィリピン留学です。

思い切って1年間イギリスに語学留学するぞー!となるのももちろん素晴らしい意気込みですが、その前に1か月でもいいので欧米留学の前にフィリピンで短期留学を経験することを強くオススメします

その理由は後述していますのでこのまま続けてお読みください。


 

リゾート地なので余暇も充実

特にフィリピンのセブ(マクタン島)での留学は、周辺に数多くの観光地があるのでリゾートライフが楽しめます。

フィリピンに来る観光客のほとんどはセブに行くので、観光者向けの店やサービスがたくたんあります。語学学校はほとんどがセブ市内の中心から車で1時間圏内にあるので、タクシーやトゥクトゥクといった相乗りトラックに乗って各地に遊びに行けます。

そしてセブから船や国内線飛行機で周辺の島まで足を伸ばせば、そこには世界一美しい島と言われるパワラン島にも行けます。

英語勉強とリゾートライフ、どちらも低価格で一度に楽しめるのはフィリピン留学以外ありません。

 

 

面倒な手続きが必要ない

留学でネックになるのが、滞在期間に関係するビザ。
フィリピンでは30日以内の滞在であればビザの申請手続きなどは必要ありません。というか、1か月以上の滞在でも日本で事前にビザ申請する必要はありません

なぜかというと、現地で留学先の学校にパスポートと証明写真を渡せば基本的に学校側が代理で対応してくれます。フィリピン留学をする人の多くが1週間~3か月以内の短期留学なので、勉強に観光にと忙しい中で煩雑な事務手続きがいらないのは、地味ですが大きなメリットのひとつです。

 

 

欧米に長期留学する前にプレ留学にも最適

英語初心者~中級者に優しいフィリピン留学の効果的な活用法は、いわゆる2か国留学におけるプレ留学です。

英語初心者が「留学すれば英語力伸びるっしょ!」といきなり留学しても、実際のところ初めの1か月ほどは『自分の英語力を悔やむ期間』となるのが世の常で、多くの人が口をそろえて「もっと勉強してから来ればよかったなぁ~」と言います。僕もそうでした(笑)

そうやって悔やんでも、欧米留学の場合はすでに高額の留学費用が掛かっているので後戻りはできません。フィリピン留学の前にも勉強してからのほうが良いのは言うまでもありませんが、欧米の留学環境での伸び率を最大限にするためにも、フィリピン留学は基礎固めとしてもおすすめです。

そして海外大学へ進学する人は、英語での面接対策やTOEFLやIELTS対策などにも集中的にマンツーマンでレッスンで自分好みのメニューで勉強できるのも大きなメリットでしょう。

 

 

マンツーマンレッスンがたくさん受けられる

先生1人に対して生徒が1人というマンツーマンレッスンが主流です。自分の口で話す機会が多く、個々のレベルに合わせたカリキュラムで英語習得度が格段にあがります。そして分からないことはすぐに直接先生に聞けて、理解できるまで学べるのは非常に大きなメリットです。

英会話上達で何よりも大事なのは「アウトプットする事」、つまり自分の口から話すことです。その機会がたくさん作れるのはマンツーマンだからこそですね。

一方で欧米の語学学校では1人の先生に対し10~15人程度のグループレッスンが主流で、少人数制を推している学校でも1クラス4~6人程度のレッスンとなり、個人個人のレベルに合わせたレッスンはほとんど受けられません。もしマンツーマンでのレッスンを受けたい場合は別途オプション費用を支払うことになります。

フィリピン留学ではグループレッスンが比較的少ないものの1日の中に数コマあるので、他の生徒の回答などを聞いて良い刺激を得ることもできます。

日々のレッスンがほとんどマンツーマンだからこそ、フィリピン留学なら留学期間が短くても一気に英語力を上げることができますよ。


 

日本人と相性のよいフィリピン人講師

フィリピン人の国民性は、フレンドリーで明るく大ざっぱな性格で、プライドが高く家族思いでウワサが大好き。いきなり流行の曲を歌いだしたりします(笑) 一日学校で過ごして、歌が聞こえない日は皆無です。なのでコミュニケーションの苦手な日本人でも簡単に打ち解けてしまう魅力があり、毎日授業が楽しくて勉強も捗ります。

学校の先生たちとすぐに仲良くなれるので、放課後に一緒に遊んだり市内観光をしてもらったりすることもあります。僕はバッチメイト(同時期に留学スタートした仲間)と3人で先生の家に遊びに行ったりもしてました。

※この写真は先生達と近くの小学校にボランティアに行った時の写真です。
授業以外でも英語を使うチャンスは無限にありますよ!

 

 

フィリピン人講師の英語力

フィリピンは英語を話す人口割合が世界第3位とあり、留学する方にとっては申し分ない程の英語力のある国です。彼らは公用語としての英語を小学校から徹底的に教育されているので、英語ネイティブの人でも問題なく暮らせる国になっています。

日本人にとってフィリピン人の英語はとても聞き取りやすいです。アメリカ英語のように省略せず丁寧に発音しているので、ネイティブよりも断然会話がしやすいでしょう。先生たちは特筆するような訛りやクセも無いので、特に英語初心者にとっては「何言ってるか全然聞き取れなくてなにも話せない…」という欧米留学あるある状態に陥るリスクが少ないです。

また、フィリピン人にとっても英語は第2言語なので、英語を勉強する立場を身をもって理解しています。この背景こそがフィリピン留学の人気が絶えない理由でしょう。「喋れて当たり前」のネイティブとは違うので、生徒の発音が悪くても懸命に汲み取り聞き取ってくれるし、めちゃめちゃな文法でも理解してくれます。なので生徒は心折れることなく上達していくことができるのです。



まとめ

いかがででしたでしょうか。ここまで読んでくださった人はフィリピン留学に関心を持てたと思います。

最後にメリットをおさらいしましょう。

  • 物価が安いので1か月あたり総費用が15~25万円程で留学可能
  • 日本から約5時間半、時差1時間という身近さ
  • 1週間からの短期留学でも英語力向上が可能
  • 世界屈指のリゾート地なので余暇も充実
  • ビザの面倒な手続きが不要
  • フィリピンで基礎を固めてから欧米留学が最高の組み合わせ
  • マンツーマンレッスンがメイン
  • 先生とすぐに仲良くなれる国民性
  • 世界的にも高水準な英語力を有する国
  • 英語を学ぶ者の気持ちを身をもって理解している国

 

このように良いことづくしのフィリピン留学。

留学は思い立ったが吉日です。その情熱が冷めないうちに「エイッ!」と勢いで行くのも全然アリです。まずは2週間でもいいので旅行も兼ねて留学してみてはいかがでしょうか。

僕の場合は3か月留学しましたが、初日の自己紹介シーンでは中学1年生レベルの英会話力で意思疎通も困難、30秒のスピーチですら苦痛でしたが、卒業時には自分で書いた台本をカンニングしながらも5分ほどの英語スピーチができるようになりました

そして現在の僕が業務レベルで英語を使う仕事に就けたのは、思い切ってフィリピン留学した経験が自分の新たな可能性を拓いてくれたからです。

 

少しでも多くの人がフィリピン留学を通して英語力向上できる事を、このまるまるましゅーを通じて祈っています!

 


 

ABOUT ME
ましゅー
好きな事を仕事に!をテーマに人の役に立つ情報を発信しています。不動産ジャンルトップ企業会社員をしながらカメラマン、動画クリエーター、ブログ運営を行うパラレルワーカー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です